コンテンツマーケティング

ソーシャルメディア(Twitter・Instagram・Facebook)やブログ・YouTubeなどを活用したコンテンツマーケティングのコンサルティング、プロデュースを個人・法人問わず行っております。

自分(自社)の商品・サービスを購入してもらうための、セルフブランデイング・発信の仕方・熱狂的顧客創造の方法をメインに、クライアント様の事業展開をサポートしていきます。

 

マーケティングの仕組み

インターネットの普及で情報が溢れている現代、消費者は膨大な選択肢の中から自分に合った商品・サービス選びます。重要になってくるのは、情報がいかに消費者の目に触れ、商品・サービスがどのように認識されるのか、です。

SNSを利用しているA(個人・会社)に興味や関心、好感を持ってもらうことで信用・信頼に繋げ、商品・サービスを購入してもらう流れを作り、事業展開への活用サポート致します。

お悩みやこれからの展望など、まずはお気軽に相談下さい。

 


 

実例紹介

佐々木様(仮名・生命保険営業)

生保業界の中で圧倒的な結果を出しているプルデンシャル生命の営業マンとは一度は会ったことがあるのではないだろうか?紺色のスーツに、髪型もバッチリ決めて、さわやかな笑顔で、スーツケースをガラガラ引きながら、品のある文具を取り出し親身に話を聞いてくれるプルデンシャルの営業マン。そこまで外見にこだわりがあるのに、見た目が10割のSNSにどうしてそこまで鈍感なのだろうか?

少し手を入れるだけでぐっと良くなるSNSを、その方の営業スタイルをヒアリングし、性格や人となりを盛り込んで、SNSをどのように活用していくかをご提案させて頂いています

保険とSNSにどんな関連性があるの?大概の方がそう思われるのですが、SNSはコミュニケーションツールとして発達してきたものです。SNSには保険のことを書くわけでも、お金のことを書くわけでもありません。コミュニケーションを通して、信用を築いていく仕事には非常に有効であり、紹介を軸としている保険業界にはむしろぴったりの方法とも言えるのではないでしょうか?

 

服部光雄様(税理士)

株式会社ユメタス代表取締役を務めていらっしゃる服部様。

以前からSNSに目をつけて実際に使用していたものの、十分に活用できなかったとのこと。そこで今回 B to B 向けに情報を発信し、SNSを通して仕事の依頼を受注出来るように戦略を練りました。最近では、ホリエモン氏やトランプ大統領のTwitterの投稿がテレビのニュースでも取り上げられています。一昔前では、ある程度のパフォーマンスができる人は会社の力でプロデュースされる時代でしたが、今ではファンを自分で作れるような、影響力のあるパフォーマーが世に売れています。難しい国家資格を取得した職業であるから大丈夫、という時代ではなく、AIが台頭してきた現代だからこそ、この人からサービスを受けたい、商品を買いたいと思ってもらえるような、影響力がある人が強いように思います。

 

米田智至様(ファスティングマイスター)

今年になってフリーランスとして起業したばかりの米田さん、その動機というのは、『感謝されるような仕事がしたい』『社会貢献できるものに携わりたい』というもの。私自身「本気で自身のサービスを広めたい」という想いに感動し、米田さんの事業を全体的にサポートすることになりました。
米田さんのやりたいイベントや勉強会を形にするためのミーティング、イベントを行う際のお手伝いやFaceBookページの運営など、幅広くコンスタントに携わっています。
ファスティングという暮らしを豊かにする考え方、生活の仕方を、SNSを活用して米田様と共に進めていきたいと思います。

HP: http://porte-du-coeur.com/


Shere: